枕草子とは?

長徳2年(996年)にはある程度書きあげられ、その15年後までに完成したと思われる日本最古の随筆。筆者は歌人の清原元輔(きよはらのもとすけ)の娘である清少納言(せいしょうなごん)

結婚・離婚後、第66代一条天皇の皇后・藤原定子(ふじわらのていし)に仕えつつ退職後に渡って執筆されたものです。
ものづくしの「類聚章段」、日常と自然を綴った「随想章段」、宮廷サロンの「回想章段」などで成り立っています。

このサイトでは枕草子の現代語訳を、1ページあたりおおよそ2分で読める文量で紹介していきます。
また章段については「日本古典文学大系19」(1958年9月・岩波書店)の段分けを採用しています。

枕草子絵詞
▲枕草子絵詞

2分で読む枕草子もくじ(第1段~)

第1段◆春はあけぼの

  誰もが知ってる枕草子の冒頭

必読自然

第2段◆ころは

  第3段への橋渡し的な段

ものづくし

第3段◆正月一日は

  1月の宮中の風物詩をつらつら

日常

第4段◆三月三日は

  春の花はやっぱり桜

日常自然

第5段◆四月、祭のころ

  京の三大祭「葵祭」について

日常

第6段◆同じことなれども

  一言多い人っていますよね

ものづくし

第7段◆思はぬ子を法師になしたらむこそ

  今時の親はどう思うのでしょう

 

第8段◆大進生昌が家に

  恋愛不器用な男をあざ笑う話?

恋愛宮廷サロン

第9段◆上にさぶらふ御猫は

  イヌは賢いというエピソード

必読宮廷サロン

第10段◆正月一日、三月三日は

  奇数ぞろ目の日について

ものづくし

第11段◆よろこび奏するこそ

  厳粛な儀礼に美を見出す

日常宮廷サロン

第12段◆今内裏のひむがしをば

  イケメンに記憶力を褒められた私

滑稽宮廷サロン

第13段◆山は

  怒涛のものづくし

ものづくし

第14段◆市は

  続・怒涛のものづくし

ものづくし

第15段◆峰は

  続続・怒涛のものづくし

ものづくし

第16段◆原は

  続続続・怒涛のものづくし

ものづくし

第17段◆淵は

  続×4・怒涛のものづくし

ものづくし

第18段◆海は

  続×5・怒涛のものづくし

ものづくし

第19段◆みささぎは

  続×6・怒涛のものづくし

ものづくし

第20段◆わたりは

  続×7・怒涛のものづくし

ものづくし

第21段◆たちは

  続×8・怒涛のものづくし

ものづくし

第22段◆家は

  続×9・怒涛のものづくし

ものづくし

第23段◆清涼殿の丑寅のすみの

  私すごい!中宮定子素敵!という内容

日常宮廷サロン

第24段◆おひさきなく

  女性の社会進出を説く清少納言

評論

第25段◆すさまじきもの

  判るような判らないような

必読ものづくし日常

第26段◆たゆまるるもの

  一瞬で終わるものづくし

ものづくし

第27段◆人にあなづらるるもの

  続・一瞬で終わるものづくし

ものづくし

第28段◆にくきもの

  憎たらしいものがたくさん!

必読ものづくし日常

第29段◆こころときめきするもの

  平安女性のトキメキ事情

必読ものづくし

第30段◆すぎにしかた恋しきもの

  ちょっぴり感傷的に

ものづくし

第31段◆こころゆくもの

  日常のちょっとした満足

ものづくし

第32段◆檳榔毛は

  車はスピードが命!?

 

第33段◆説経の講師は

  学校に置き換えても通用しそう

評論日常

第34段◆菩提といふ寺に

  才女らしい返信のワザ

日常

第35段◆小白河といふ所は

  貴公子のナンパの話と思いきや

宮廷サロン日常悲哀

第36段◆七月ばかりいみじうあつければ

  実体験?伝聞?妄想?それとも?

恋愛

第37段◆木の花は

  中国での評価が彼女の評価基準?

必読ものづくし自然

第38段◆池は

  怒涛のものづくし・池編

ものづくし

第39段◆節は五月にしく月はなし

  平安宮中の端午の節句

日常宮廷サロン

第40段◆花の木ならぬは

  怒涛のものづくし・樹木編

ものづくし自然

第41段◆鳥は

  〆の一文が上手い

ものづくし自然

第42段◆あてなるもの

  簡潔で清々しい

必読ものづくし

第43段◆虫は

  これも有名な段

必読ものづくし自然

第44段◆七月ばかりに

  夏の終わりのひとコマ

日常

第45段◆にげなきもの

  今の感覚では「?」なものも

ものづくし

第46段◆細殿に人あまたゐて

  ある意味いかにも女性が書きそう

評論日常宮廷サロン

第47段◆主殿司こそ

  平安時代のキャリアウーマン

評論日常宮廷サロン

第48段◆をのこは

  ゾロゾロ手下を連れ歩くのもどうかと

評論日常宮廷サロン

第49段◆職の御曹司の西面の

  友達以上、恋人未満!?

必読恋愛宮廷サロン

Recommendation